EVENTレポート2019.03.05

ホワイトリボンラン2019 横浜拠点を担当しました!

2019年3月3日(日曜日)雨の象の鼻パークにて。大桟橋に寄港中の飛鳥Ⅱをバックに。



今回、4回目の開催となるホワイトリボンラン。
昨年2018年は、石川と我妻の二人で大会公式Tシャツを着用し
みなとみらいを走りながら撮った写真をアップする「バーチャルラン」に参加しました。

その時、来年は横浜拠点に立候補しようと決意!!!
そして2019年ホワイトリボンラン横浜拠点の企画・運営をWALK&WALKが担当いたしました。


はじめての横浜拠点ということもあり、みなさまにお集まり頂けるか不安でしたが63名の方に、エントリー費である公式Tシャツ(中学生以上3,000円・小学生以下1,500円)を購入頂きました。このTシャツ購入代金の半額がチャリティーとなりまっています。2019年は全国で3184名の方がエントリーされ、チャリティーも500万円を超えたそうです!!!


集合場所は、みなとみらい線 日本大通駅直結の横浜情報文化センター大会議室。朝から冷たい雨が降る中、45名の方が参加。また横浜拠点で申込され、三浦マラソンで着用し写真投稿をしてくださった方もいらして『離れていても心は一つ』ということで、盛り上がった横浜でした。


前日にケニアから帰国された、ホワイトリボンラン主催、公益財団法人ジョイセフ 山口悦子様より、アフリカの現状をお聞きしました。[ケニアではまだまだ女性の地位が低く、望まない妊娠や流産を繰り返している。山口さんの支援先で出会ったある女性は40歳。決して豊かではない環境で前回は流産、今回は7回目の妊娠だそう。そして望んだ妊娠ではなかったが避妊をご主人には理解得られないという状況だとのこと。まだまだ女性の地位は低く、”No”と言えないことに囲まれた困難な状況でもたくましく生活している。]そのような女性たちの支援のために今回のエントリー費用は使われていきます。

さてイベントスタート!まずはじめにヨガ講師 西郷いずみさんによるマインドフルネス瞑想。呼吸に集中することで、脳内がリフレッシュされる瞑想。参加者全員で心を落ち着かせ、意識を一つに集中しました。


そして姿勢と歩き方プチレッスン。


まずは身体の歪みをリセット。


歩く際のポイントを3つに絞って伝えると、美しい姿勢をキープしたまま軸が安定し、カッコいいウォーキングフォームになりました。姿勢を保つ筋肉(インナーマッスル)を使って歩くと、体感が鍛えられ、筋肉量がアップ!筋肉量が上がると基礎代謝がアップします。


美しい姿勢で歩くことは、ボディラインを整え、全身の機能を向上させます。その結果、幾つになっても若々しい細胞と筋肉がつくられ健康寿命を伸ばします。


今年から導入した体成分分析装置 InBody。10万人分のデータを蓄積、分析することができます。


今回ご参加の皆様にも大変興味を持って頂きました。体重を気にするのではなく、ご自身の体がどのような組織で形成されているのかを知り、栄養や水分摂取の方法、日々の運動量など、健康に意識を向けて頂けるきっかけになったように思います。「来年は筋肉増やして来ます!」という方もいらっしゃいました。


いざ!ウォーキング!!!雨でしたのでランは残念ながら中止。飛鳥Ⅱが寄港している大桟橋まで歩きました。



強風、極寒の中にもかかわらず、笑顔のみなさま^^





みなさま元気にゴール!!!寒い中、ありがとうございました!!!


また会場には、東アフリカの鮮やかなプリント布「カンガ」の展示販売も。


「カンガ」を購入することが、東アフリカの支援に繋がるとの思いで「カンガ屋 kati kati 」さんを運営されている柳澤栄次さんにお越し頂きました。


どれも鮮やかで素敵!そして全てのカンガにメッセージが込められています。みなさん迷いにもよって、お気に入りを購入。楽しみながら社会に貢献出来るのは嬉しいですよね!それがWALK&WALK のコンセプトです。


カンガ屋さんホームページ
https://katikati-kanga.com


ご参加の皆様、本当にありがとうございました!!!
スタッフ一同心よりお礼申し上げます。
また来年お会いしましょう。

○ジョイセフ  https://www.joicfp.or.jp/jpn/

○ホワイトリボンラン https://www.wrun.jp/2019/

○ジョイセフフレンズ https://www.joicfp.or.jp/jpn/donate/

(支援金だけでなく、ランドセル、切手、書き損じのハガキなどでの支援もできます)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加